なぜサンタクロースは煙突からやってくるのか

煙突イコールサンタクロースというイメージを持っている方は多いですよね。

それは一体どこから始まったお話なのでしょうか。

これは4世紀頃のキリスト教の教父である聖ニコラウスの伝説が起源であるといった説があります。

ニコラウスは貧しいために3人の娘を嫁がせることができないという悩みを持った家族を見かけます。

そして、真夜中に再びその家を訪れると、煙突から金貨を落としたというのです。

この際に暖炉で靴下を乾かしていたのでその中に落とした金貨はおさまりました。

このニコラウスの行いにより3人の娘たちは無事にお嫁に行くことができたそうです。

こういった伝説が現代まで根強く残っているということが面白いですよね。

煙突の補強工事

今でも靴下の形をした入れ物にお菓子を詰めたものがよくスーパーやコンビニなどで売られていますよね。

日本は比較的仏教文化ですが、こうしてキリスト教の行事や伝説を受け継いでいるというところが良いところです。

煙突からサンタクロースがやってくるというお話はキリスト教の伝説に基づいたものだったんですね。