煙突の安全装置フレアースタック

フレアースタックという言葉をご存知でしょうか?煙突の先から火が出るので初めて見た時にはびっくりしますよね。

これは、製品製造の過程で発生する様々な種類のガスをプラント内にとどめておくと、機器の故障や災害の際の被害の増大を招くために、フレアースタックで燃焼しているんです。

いわゆる安全装置のようなものですね。

たびたびフレアースタックを行うことでガスを安全な状態にして外に放出することができます。

このため、環境にも良いのです。

三重県の四日市などに行くとたくさんの紅白柄の煙突を目にしますよね。

私は残念ながら煙が出ているところしか見たことがないのですが、運が良ければ炎が出ている様子を見ることができるようです。

三重には頻繁に旅行に行くので次にいった時には気を付けて見てみようと思います。

なかなか煙突が火を噴いている様子を見ることはできないので、レアですよね。

みなさんもフレアースタックの様子を見ても驚かずに、貴重な瞬間を見ることができたと楽しんでみてください。