煙突の歴史

煙突が日本で見られるようになったのはいつからなのでしょうか。

それはあまり良くはわかっていません。

日本は他国に比べて温暖な国なので、暖炉を使わずに生活をすることができました。

火を使っても煙り出しというところから煙を逃がしていたのです。

また、現在の家屋に比べて気密性もそう高くはなかったので、煙が充満してしまうということもなかったようです。

実際に煙突を使うようになったのは明治時代の文明開化以降だろうという説が有力です。

他国の文化を学んで取り入れる際に日本に導入されたようです。

考えていたよりも歴史は浅いようですが、その技術は他国にも負けていません。

ゴミ焼却場の煙突としては世界一の高さを誇るものも日本にはあります。

歴史が浅くても一生懸命技術を高め知識を蓄えることで、その他の国と肩を並べることができるのです。

めまぐるしい成長を遂げてきた煙突ですから、これからもその成長は止まらないと思います。

その成長の陰にたくさんの努力があったということを忘れずにいたいですね。